『万作』 作:田中裕一



--------------------------------------------------
■ 第一章 万作
--------------------------------------------------


--------------------------------------------------
◆ 「ストローぐち」と書いてある穴にストローを挿す男。
--------------------------------------------------
万作は目が覚めると、寝る前に買っておいたカップコーヒーに手を伸ばした。
「ストローぐち」と書いてある穴にストローを挿し、飲む。

まあ、美味い。

タバコが切れているし、空は酷く晴れていて、夕方の西日の強さを思うと今から気が滅入りそうだった。

現在、午前11時18分。
電話が鳴った。

--------------------------------------------------
◆ ベアからの電話の内容。
--------------------------------------------------
電話はベアと言う男からで、仕事の依頼だった。
が、単純に仕事の依頼と言うよりは、依頼されていた仕事が一つ減って、新たに一つ依頼されたと言うだけの事であった。

何と言う事は無い、何も変わらなかった。

少し説明すると、依頼されていた仕事を万作はすでに終えていた為、ベアの電話は万作に「取り越し苦労」を与えたとも言える。
全くもって、不愉快だ。

--------------------------------------------------
◆ 外出の際、身に纏うべき思想。
--------------------------------------------------
電話を切ると、万作は切れていたタバコと、空腹を満たす為の何かを手に入れる為、身支度をした。

「手に入れる」
ここではコンビニエンスストアへ買いに行く、と言う事にしよう。

万作にとってそれは当然の事なのであるが、Tシャツとトランクスと言う出で立ちで、玄関のドアを開けて表へ出る事はあまり良くないと万作は考えている。
なぜなら、街の人たちがその様な出で立ちで通りを歩いている光景を万作は見た事が無かったからだ。

それはつまり、街の人たちにとっても当然の事だと言う事なのだろう。
Tシャツとトランクスと言う出で立ちで、玄関のドアを開けて表へ出るのはあまり良くないと言う思想。

とても面倒臭かったが、ズボンを穿き、サンダルを突っ掛けて、予定通りのものを万作は手に入れた。



続く・・・次回『万作(2)』

--------------------------------------------------
◆ フリーライター。
--------------------------------------------------