--------------------------------------------------
■ 第三章 喫茶メルヘン
--------------------------------------------------


--------------------------------------------------
◆ 昼間の憂鬱が持つ輪郭をどうにかしてぼやかす事。
--------------------------------------------------
「喫茶メルヘン」は、そのネーミングセンス同様に、少々パッとしない町の喫茶店だ。
ベタベタしてあまり美味しくないエビピラフか、ケチャップの味そのものの工夫の無いナポリタンが名物である。

薄暗い店内にはカウンター席が5つと、4人がけのテーブル席が2つ、2人がけのテーブル席が2つ。
ヒヤシンスの水鉢が3つと、雑誌が並べてある棚が1つ、壁には薄暗い絵が飾ってある。
音の鳴らない、あるいは音を消しているテレビが、ランチタイムのテレビ番組のエンディング部分を流していた。

それ以外には、3人がけの円形のテーブル席が1つあるのだが、3人がけとは言え、詰めれば4人や5人は座れなくも無い。

こじんまりとした店だ。


現在、午後12時55分。
万作は喫茶メルヘンに到着し、店の一番奥にある4人がけのテーブル席に着き、数あるメニューの中からエビピラフやナポリタンは選ばずに、ソーダ水を注文した。
なぜなら、喫茶メルヘンのエビピラフやナポリタンを彼はあまり美味しいと思っていなかったし、さっき、空腹は満たして来た。
それに、目が覚めてすぐコーヒーを飲んでいたから、コーヒーを選択肢から外したからだ。

それ以外であれば何でも良かった。
目に付いたのがソーダ水だっただけである。

だから、この場合のソーダ水は万作の性質を語る上で何の情報にもならない。


そして。
傍らに置いてあった適当な雑誌を眺めては、昼間の憂鬱が持つ輪郭をどうにかしてぼやかす事に集中する。


昼間の憂鬱とは厄介なもので、昼間が終わるまで、彼に付きまとうのだ。
だから、早く昼間が終わって欲しいと、万作は心から思っていた。


雑誌に飽きると、店内を見渡しては、テレビを眺めるでも眺めたり、ソーダ水を飲むでもなく口をつけたりしてみる。
タバコを箱から取り出してみては、ライターに火を灯し、タバコへは火を点けずライターの火を消す。

それが、万作の昼間の終わらせ方だった。


店内にはソーダ水を万作のテーブルへ運ぶとカウンターの中へと戻り、それからぼんやりとテレビ画面を眺め続けている50代半ば程の店主と、万作一人であった。


万作はとにかくうんざりした気分から開放されたかったのだが、「ひっそりと世界の何処かに佇む、誰からも忘れ去られた古代遺跡に這うツタを揺らす風」はいったい何処から来るのだろうかとふと考え出してしまうと、彼をうんざりさせている原因の一つである世界はいつしか万作を虜にしていた。

「風」とは「思念」なのだろうか。

そうやって「喫茶メルヘン」の片隅で虜となっている万作が、ライターの火を使って、先ほど箱から取り出したタバコに今度こそ火を点けようとしたちょうどその時。


喫茶メルヘンの出入り口のドアが開いた事を示す、チリンチリンと言う鈴の音が聞こえた。



続く・・・次回『万作(5)』

--------------------------------------------------
◆ 「空が酷く晴れた日」と言う名の今日。
--------------------------------------------------

TO BE CONTINUED...
刻むぜ 波紋のビート!

「ジョジョの奇妙な冒険」
第2部 ジョセフ・ジョースター
──その誇り高き血統
より抜粋。
(「TO BE CONTINUED...」は不明。第3部以降だったっけか!?)