IMG_6073
↑↑↑Click!!でTogetterまとめ。
※毎週土曜日更新予定。

 
↓↓↓

 

JG-Topic Vol.26『蛇頭義太郎◆▲螢魯發貿困爐隆。』 - 「起」


蛇頭義太郎(JG)「こんちはー!ガラガラ」
 
と、今日も今日とて元気よくご隠居を訪ねてきたのが、長屋いちのジャズギター少年 蛇頭義太郎(じゃず・ぎたろう)であります。
 
前回:JG-Topic Vol.25『蛇頭義太郎、アドリブを練習するの巻。』

 
 
JG「ご隠居ー!......あれ寝てる?」
 
ご隠居「スヤスヤ......!?......おや、義太郎。昼寝していたよ。」
 
JG「イヤーシンデンノカトオモッタ」
 
ご隠居「なにか言ったかね?......まあよい。それで、今日も何かあったかね?」
 
JG「ご隠居!そうなんだよ。このあいだから気持ちも新たに『ソレ!ツーファイブワンダッ!』って練習を続けてたんだけどさ、そしたら何だかリハモってのがあるそうじゃないか。それってご隠居くわしかったりするかなあって。」
 
 
ご隠居「......ふむ。知らんことはない。」
 
JG「やったね!教えて、教えて。」
 
ご隠居「そうあせるでない。......ふむ、何処から話そうかの。例えば『Dm7 - G7 -CM7』と言うコード進行があったとしようかね。」
 
JG「ふむふむ。」
 
 
 

「承 


ご隠居「リハモと言うのはこの『Dm7 - G7 -CM7』をこのコード進行の大意は変えずに、別のコードに置き換えたり、コードはそのままでもそこで使うスケールを入れ替えたりすることを指す。コレによって、同じ曲の中で個々にさまざまなサウンドの風合いを出すことが出来ると言うものじゃ。」
 
JG「何だか難しいね。」
 
ご隠居「ふむ。義太郎はテレビの食レポで『味気ない(美味しくない)』と言うことを『淡白な味でアッサリといただける』と言っていたり、『味が濃い重い(で、好みではない)』とか『辛すぎて(美味しくない)』言うことを『濃厚!』『強烈!』などと言っているのを見たことがないかな?」
 
JG「はー。そう言うのあるね。」
 
ご隠居「リハモもおよそそのようなことだと言える。」
 
JG「言い換えってことかな?実際に起こっていることは同じで、でもそこで使っている言葉が違うって感じ。それで聴いた感じの風合いをいろいろ操ってるんだね。なるほどー。奥深いんだねリハモ。」
 
ご隠居「そうじゃな。さすが義太郎は飲み込みが早い。ホッホッ」
 
JG「それで、食レポについては何となくわかったけど、さっきの『Dm7 - G7 -CM7』の場合どうなるの?」
 
ご隠居「説明しようかの。」
 
 
 

「承◆

 
ご隠居「例えば『Dm7 - G7 -CM7』の流れの中でDm7は続くG7への助走的役割、G7はCM7へ飛び込むジャンプ、CM7は着地点・着地した感じ。と言うことだから、それぞれの役割がおよそ変わらないようにしながらコードを置き換える。もちろん、コードの見た目は例えば『D7 - Db7 - CM7』のように変化したとしてももとの『Dm7 - G7 -CM7』と大意は変わっていないので、響きは変化しているが意味合いは変わらないと言うことになる。ちなみに、D7はDm7をセカンダリードミナント化したもの。Db7はG7の裏コード(Tritone Substitution)と言うことじゃな。」
 
JG「ふむふむ。たしかに食レポの話と似ているね!同じ意味を別の言葉で言い換えてるんだね。」
 
ご隠居「そのとおりじゃ。あるいは、このコード『Dm7 - G7 -CM7』が変わらないままそこで使うスケールを入れ替えることでも......例えばそうじゃなG7のところでAlterd Scale[R, b2, #2, M3, b5, b6, b7]と言うスケールを弾いても、G7のドミナントとしての要件[M3 & b7]は損なわれておらんから、やはり響きは変化しているが意味合いは変わらないと言うことになる。」
 
JG「なるほどなるほど。さすがご隠居はすごいや!知恵があるなあ。」
 
ご隠居「そうかね。ホッホッ」
 
JG「この置き換えに使えるコードや、スケールって沢山あるんだよね?」
 
 
 

「転」

 
JG「この置き換えに使えるコードや、スケールって沢山あるんだよね?」
 
ご隠居「そうじゃな。このブログ記事では書ききれないほどあるのう。いろいろとインターネットなどで知らべてみたりすると良いと思うぞ。もしくは江戸の外れ神楽坂と言うあたりにそう言ったことを教えている場所があると言う話も聞いたことがある。基本的なメジャースケールのダイアトニックや、メロディックマイナー、ディミニッシュ系スケールに、オーギュメント系スケール、ハーモニックマイナー、ハーモニックメジャー、ダブルハーモニックスケールなどのハーモニック系スケール(音階中に1音半の跳躍を含むもの)など次々とアイディアを学んでいけばそのうちにどんなコード上でも12音いつでも使えるようにすらなるじゃろう。あるいは......」
 
JG-Topic Vol.10『(Key Cで)お役立ちなEtriad(triad)。G#音,Ab音(#5th,b6th)ってとても大切。ってお話。』

 
ご隠居「↑↑↑こんな過去記事もおススメするぞ。」
 
JG「!?!?......このブログとか、↑↑↑とか、過去記事って何のことだいご隠居?おいらとご隠居がブログなわけないじゃないかー!www」
 
ご隠居「......まあよい。」
 
JG「何だか釈然としないけれど......でもリハモについてだんだんわかって来たよ!ありがとうご隠居!」
 
ご隠居「こちらこそだよ。ホッホッ」
 
JG「......でもさ。リハモを学んだ先には、どのコード上でも12音の全てを使えるようになるってさ。でも、もしそうなったらリハモもへったくれもなくなってしまわないだろうか??いつでも12音使えるってそんなの、誰にでもできるよね!?そしたらリハモを学ぶ意味って、最終的にリハモが意味を失うためってことなの!?なにこれ、禅問答!?」
 
ご隠居「......そこに気が付くとは、さすがは長屋いちのジャズギター少年 蛇頭義太郎じゃな。」
 
 
 
以下、「結」!?
 
と、「振り返り目次」
 

 

「結!?」


JG「じゃあもう、おいらはリハモなんか学ばずに12音を好きに弾きまくるよ!」
 
ご隠居「待たれい、義太郎よっつ!!ハモを学ぶ意味はあるぞ。」
 
JG「なんだってんだい?コノロウジンハ」
 
ご隠居「なにか言ったかね?......まあよい。義太郎は曲を演奏するときコードを見るじゃろ?」
 
JG「うん。」
 
ご隠居「結果的にいつでも12音使える可能性、そこへたどり着くまでの思考の経緯のもろもろを手に入れたとて、結局のところ。義太郎は曲を演奏するときコードを見るのじゃよ。さすがの義太郎も、曲Aでも曲Bでも楽譜に書かれたコードを見もせずにただ12音を適当に弾くと言う選択はせんじゃろ?そうすれば、どんな曲も義太郎にとって同じものになってしまう。義太郎が大好きな曲も、はじめて出会う曲もすべて同じなわけがなかろうて。」
 
JG「たしかにそれはそうだね。曲の上で何かを弾くって点は、これは曲ごとに異なるものだ。」
 
ご隠居「そうじゃな。するとやはり、コードやコード進行を読み解いた結果、そこに多数のアイディアが重なることで結果的に12音を使う可能性を得ていると言うことで、すなわち、曲を愛すればこそ、その曲に無限の可能性を与えてやることが出来るのがリハモなんじゃよ。」
 
JG「......ご隠居。おいら何だか胸がきゅぅうとしたよ。」
 
ご隠居「そうじゃろうな。それが『愛』じゃ。『ジャズギター愛』とでも呼ぼうかの。」
 
JG「『ジャズギター愛』か......」
 
ご隠居「うむ。迷いが晴れたようじゃの。」
 
JG「おいらいっぱい練習してさ。それで『リハモ』を身に着けてさ。それでもって包まれてみようと思うよ。その『ジャズギター愛』にさあっ!!」
 
ガラガラと、戸を開け見上げたそこには雲ひとつない日本晴れの空が広がっていました......
 
 
蛇頭義太郎 ジャズギター道 -愛に目覚める編-
【完】

 
 
 
【ジャズギター・トピック】第26弾以上!
長文、お読みいただきありがとうございました。
次回もご期待ください。
 
※毎週土曜日更新予定。
※次回第27回は2019/11/30(土)更新予定。
 
===== ===== ===== ===== ====
※【ジャズギター・トピック】で取り上げて欲しい内容があれば、
・ブログのコメント欄
・メール(ホームページに記載。)
・各種SNSのメッセージ機能etc...
から、お気軽にお寄せください^^
===== ===== ===== ===== ====
 
 
 
リーダーバンド[y Rothko]のライブがございます。
是非お越しください!

■2019/12/3(火)
 赤坂「G's bar
 
20191203クリックで拡大表示。

 
タナカ裕一(Gt)Trio "y Rothko[イェロスコ]"
勝矢匠(B)
亀山輝喜(Drs)
 
時間 / 20:00〜22:30
・ミュージックチャージ/投げ銭
※各回入れ替え無し。
 
↓↓↓[y Rothko]動画


 
 
著者:
ジャズギタリスト/作曲家
タナカ裕一[official web site]

 
[YuichiTanaka YouTube channel]
※チャンネル登録お願いします!
YouTube ←Click!!
 
↓Twitterフォローしてね。

 
・ライブ情報(本ブログ内):【Schedule】

 
↓↓↓【ジャズギター・トピック】※毎週土曜日更新予定。

[togetterまとめ。]
 
 
===== ===== ===== ===== =====
↓↓↓飯田橋/神楽坂/江戸川橋(東京)エリアにて
ギター教室やってます!
 
2019/11月 ホームページリニューアルしました!!
いま風デザインで見やすくなりました。


◎WEBリニューアル記念!「体験レッスン無料」キャンペーン!
(2019年12月31日(火)までにお申し込みの方限定!)

 
New Web Site
飯田橋/神楽坂/江戸川橋 | 田中裕一ギター教室(東京 新宿区) [Since 2004]

 
※「体験レッスン無料キャンペーン」随時行っております。
※『学割』『女性割』 『平日昼間割』やってます。
※60分・月2回/¥7,000
※月謝制でない「回数券コース」もございます。
※「Skypeレッスン」も承ります。

お申し込み・お問い合わせ。

LINEからお申込み、お問い合わせ

===== ===== ===== ===== =====
 
 --