どーも!
ジャズギタリストのタナカ裕一(@YuichiTanaka)です。
IMG_5534
↑プロフィールページ。

↓Twitterフォローしてね。

 
 
[YuichiTanaka YouTube channel]

※チャンネル登録お願いします!
YouTube ←Click!!
 
・自分のギターソロ部分を抜粋してみた動画シリーズ。

 
 
 

IMG_6149

『NISAについて調べてみた。複利って大切と知った。筆者の赤裸々運用!?実績。アベノミクスって!?ジャズギターなどの訓練においても「複利的な考え方」が大切。』【ジャズギター・トピック】Vol.28 - 目次

0. まえがき。目次。

1. NISAについて調べてみた。

2. 複利って大切と知った。

3. 複利って大切と知った。

4. 筆者の赤裸々運用!?実績。

5. アベノミクスって!?

6. まとめ 〜 ジャズギターなどの訓練においても「複利的な考え方」が大切 。


 
ジャズギターのトピックって実は求めている人とても多いんだろうなと思っています。
教則的なこと、音楽理論解説的なこともそうだとは思うのですが、単純に「トピック」。
 
誰かの考察的なこと。
 
【ジャズギター・トピック】と銘打って、教則や、音楽理論の解説ではなく「考察。」的な内容に的を絞ってシリーズ・ブログ記事を書いてみています。
 
 
コメント 2019-07-11 134445
↑↑↑Click!!でTogetterまとめ。

 
↓↓↓【ジャズギター・トピック】※毎週土曜日更新予定。

[togetterまとめ。]
 
【ジャズギター・トピック】第28弾。
※毎週土曜日更新予定。
※次回第29回は2019/12/14(土)更新予定。
 
 
さて、今回のテーマは!!
 
↓↓↓

 

『NISAについて調べてみた。複利って大切と知った。筆者の赤裸々運用!?実績。アベノミクスって!?ジャズギターなどの訓練においても「複利的な考え方」が大切。』


であります。


IMG_6149

『NISAについて調べてみた。複利って大切と知った。筆者の赤裸々運用!?実績。アベノミクスって!?ジャズギターなどの訓練においても「複利的な考え方」が大切。』【ジャズギター・トピック】Vol.28 - 目次

0. まえがき。目次。

1. NISAについて調べてみた。

2. 複利って大切と知った。

3. 複利って大切と知った。

4. 筆者の赤裸々運用!?実績。

5. アベノミクスって!?

6. まとめ 〜 ジャズギターなどの訓練においても「複利的な考え方」が大切 。





NISAについて調べてみた。



そういえば5年くらい前から街中でも「NISA(ニーサ)」という言葉を目にしていた印象がありました。ふと急に気になって調べてみました。

『NISA』とは。

・NIPPON Individual Savings Account(日本 個別 貯蓄 口座)

・年間120万円まで投資できる株式等買い付け枠(NISA口座)を作ることが出来る。

・NISA口座で買った株式や投資信託などから利益が出ても非課税。

・非課税期間は5年間。


と言うものでした。もうひとつ「つみたてNISA」と言うものがありまして、こちらは上記の「年間120万円 ⇒ 40万円」と利益が出ても非課税になる投資枠は小さくなりますが、その代わり非課税期間が20年間と長くなっているのが特徴です。もとの略称の意味、貯蓄口座としてのニュアンスが強いものですね。


また、制度自体の期間(期限)も決まっています。

『NISA』について。

・NISAは2014年〜2023年の各年にそれぞれ120万円分の非課税枠を手に入れられるが、5年ごとに非課税枠は消滅(つまり、毎年フルに120万円分の投資を行っていくと最大で×5枠の600万円まで利益が出た際に非課税となる投資を行うことが出来る)。

・NISA枠を得られる最終年、2023年に行った投資の非課税期限は5年後の2027年末まで。これが制度が延長されない限り、今のところ最終の期限。また、この2027年に収まる形であればロールオーバー(繰り越し)が可能であるが、それは2018年に仕込んだ投資が5年を迎える2023年のタイミングでのものが最終であるため、2019年現在ではロールオーバーについて考える必要はない。

・ちなみに、現在ぎりぎり2019年末から始めると2019,2020,2021,2022,2023の5年分のNISA枠を手に入れることが可能なため、やる気があれば最大600万円の非課税投資が可能な最後のタイミングである。


『つみたてNISA』について。

・つみたてNISAは2018年〜2037年の20年間、各年にそれぞれ40万円分の非課税枠を手に入れることが可能で、20年後に非課税枠は消滅(毎年フルに40万円分の投資を行っていくと最大で×20の800万円まで利益が出た際に非課税となる投資を行うことが出来る)。

・つまり、2037年につみたてNISA枠で仕込んだ40万円までの投資は20年後の2056年末まで非課税である。また、つみたてNISAにはロールオーバー(繰り越し)制度は無い。

・例えば仮に、現在ぎりぎり2019年末から始めると最大で19枠までつみたてNISA枠を得られるので、最終の仕込み可能年である2037年時点で最大760万円の非課税資産を得ることが可能である。


※注。

・NISA枠、つみたてNISA枠は同じ年にはどちらか一つしか得られない。

・NISA枠、つみたてNISA枠で行った投資資産を同時に保有することは可能。

・仮にNISA枠で2019年から2023年までの5年間(ここまででNISA枠を得る権利は消滅予定)、2024年から2037年までの14年間はつみたてNISA枠で投資を行うことも可能である。


もちろん幾ら非課税とはいっても、発生した「利益」に対して非課税と言うだけですから、利益が発生しなければ何の意味もありません。

タイトルのうち「NISAについて調べてみた。」部分については大まかにこのようなものです。続いては「複利って大切と知った。」部分についてお話していきましょう。この部分が「利益」を得るために最も重要な部分です。そして、筆者思うに最強のシステムであります。



※お手数をおかけしますが、少し下までスクロールお願いします!!

本編へ続く!!




===== ===== ===== ===== =====
↓↓↓飯田橋/神楽坂/江戸川橋(東京)エリアにて
ギター教室やってます!
 
2019/11月 ホームページリニューアルしました!!
いま風デザインで見やすくなりました。

 
◎WEBリニューアル記念!「体験レッスン無料」キャンペーン!
(2019年12月31日(火)までにお申し込みの方限定!)

 
New Web Site
飯田橋/神楽坂/江戸川橋 | 田中裕一ギター教室(東京 新宿区) [Since 2004]
IMG_5531 ←Click!!

※「体験レッスン無料キャンペーン」随時行っております。
※『学割』『女性割』 『平日昼間割』やってます。
※60分・月2回/¥7,000
※月謝制でない「回数券コース」もございます。
※「Skypeレッスン」も承ります。
 
お申し込み・お問い合わせ。

LINEからお申込み、お問い合わせ

===== ===== ===== ===== =====



複利って大切と知った。


複利と言う言葉にはじめて出会ったのは「カイジ」と言うマンガの中でした。「10分3割複利」とか恐ろしい金利の話が登場します(笑)
kaiji3kaiji2kaiji1

なので「複利」=「怖い話!」と言うイメージでしたが、よく考えるとこれ、もらえる側だったら超すごいと気が付いたのです。(気が付くのが遅かった......)

もし仮に、10分を「年」、3割を「1割」に変換して考えてみると。
※単純に毎年1.1倍に増えていきます。

・1年目100円を投資!(以降はほったらかし)
・2年目110円になった。(1割増えた)
・3年目121円になった。
・4年目133.1円になった。
・5年目146.41円になった。
・6年目161.051‬円になった。
・7年目177.1561‬円になった。
・8年目194.87171円になった。
・9年目214.358881‬円になった。
・10年目235.7947691‬円になった。


と、毎年1.1倍を10年ほったらかしにしておくだけでおよそ2.36倍に増えました。

ようするに100万円だったら236万円に。1000万円でやったら2360万円に。5000万円でやったら1億1800万円に。1億円でやったら2億3600万円になるということです。

仮に5000万円でやった場合で利益は6800万円ですから、10年間で割っても年収680万円です。もちろん株式投資などについての利益はここからおよそ20%の税金が引かれますが、それでも680×0.8=544万円と言うこと。

いやはや恐ろしや。資本主義社会とは良く言ったものです。こりゃ元手の資金が多ければ多いほど、それを安定運用するだけで暮らせてしまう。日銭を稼いで口にのりをして何とか暮らしているミュージシャンと言う身分ではこんな資金を得ることは到底不可能だ......。


・と思うなかれ。

上記の例ですが、仮に100万円で年1割複利(毎年1.1倍)を10年やったら236万円になる訳で、これをまた10年やれば再び2.36倍の556.96万円、これをまた10年やればさらに2.36倍の1314.4256‬万円、これをまた10年やれば3102.044416‬万円となる訳です。


・つまり年1割複利を40年やるとおよそ31倍になるよ!!

いま20歳の人が100万円をこのように運用開始したとすると、60歳になるときにおよそ3102万円となっているということです。

なんかすごいなこれ。

さらに60歳までに2000万円の貯金があったとして合計約5000万円ほどの資金を年1割複利で10年まわせば先に挙げた例のまんま。60〜70歳の10年間もし寝ているだけでも毎年544万円を稼いだのと同じことになってしまうと言う訳です。


・この話のポジティブ面、ネガティヴ面。

ポジティブ面だけで言えば「60歳までに2000万円の貯金があったとして」の部分も単に貯金ではなくて投資に回していたとしたら、それ以上の結果となっていることも期待されます。

ネガティヴ面で言えば、もちろん年1割の成長をずっと続ける投資先など基本的にはないでしょうから、ここまでうまくは行かないこともあるでしょう。






複利って大切と知った。


前項で述べたのはあくまでモデルケースであって、もちろんのこと40年間にわたって毎年1割(10%)の成長をする投資先などそうそうある訳はありませんが、仮に2〜5%で計算するくらいなら可能な案件があるかもしれません。

せっかくなので(それに筆者自身興味がありますので)、年2%複利と、年5%複利の場合についても計算してみることにします。
※100(単位は省略)を投資したとして、年2%複利、年5%複利を計算してみます。

毎年2%複利
100
102
104.04
106.1208‬
108.243216
110.40808032‬
112.6162419264
114.868566764928
117.1659381002266
119.5092568622311‬


毎年5%複利
100
105
110.25
115.7625‬
121.550625
127.62815625
134.0095640625
140.710042265625‬
147.7455443789063
155.1328215978516‬


毎年2%複利〜毎年5%複利で10年まわすとおよそ1.2倍〜1.55倍になるようです。中間値を取ると1.375倍と言うことでしょうか。

以下超ザックリ計算ですが、年2%複利〜年5%複利の案件(多分正しい用語がある)にバランスよく分散投資して10年まわすとおよそ1.375倍程度になるのですから、

20年なら1.375×1.375=1.890625倍(約1.9倍)
30年なら2.599609375‬倍(約2.6倍)
40年なら3.574462890625‬倍(約3.6倍)
ってことです。


・ひろゆきさんの話。

以前に2ちゃんねるの創始者でもあり、(面識はないけど)ぼくの大学の先輩にもあたるひろゆきさんが、「年4%複利で20年まわすと約2倍になるんだから、ソシャゲなんかに課金するお金があるならその少額でも良いから投資に回しなさいよ。仮に20歳の人が60歳までの40年間同条件で回せばおよそ4倍ですよ。いますでに高齢者なら余命的に20年も40年も待てないだろうけど、20歳くらいの人があとに残らないことにお金を消費して、そのうえお金がないって言ってるのは馬鹿だ。とにかく少しでも投資しろ!それがまさにソシャゲ(社会的ゲーム)だよ。」のような話をネットラジオ!?だったかでしていたのを覚えていますが、いまさら自分で計算してみて「なるほどね。何のからくりも無くただ単に2倍、4倍まんまそうだ。」と、腹落ちしております。


・年4%複利で20年まわすと約2倍になるよ!!

これは単純に2倍と言うことなので、最初の資金が多ければ多いほど、もうそれだけで暮らせるじゃん。って話なわけです。なので「資産家のご令嬢」のような生まれなら、仮に総資産10億円だったとして、生まれてから20歳になるまでに実家の総資産は20億円になっているってことなわけで(笑)

もちろん、それまでにいろいろ生活などで使う必要のあるお金もあるでしょうが、資産はあるけど浪費せずつつましやかな生活をしていさえすれば、お金など幾らでも雪だるま式に増えてしまうってそう言う訳なんですね。いやはや、資本家になりたい(笑)と、ある程度リアルに思えるようになっただけでも資本主義社会への理解度が高まったと言えるでしょう。この理解度アップだけでも超得した気分。


・まとめると。

ギャンブル的・投機的な資産運用は元本割れどころか資産が0になることすらあり得ますが、例に挙げてきたような緩やかな資産運用であれば、自分の寿命(運用可能年数)と、資産総額のみがものを言う世界なんだなあと言うことでした。

人生100年時代などと言われますが、30代後半である筆者ですらまだ60年ある訳で、あるいは60歳時点まででも20年以上ある訳です。

命(運用可能年数)があるんだから、投資に目を向けない手はない!!


あるいは、もし100歳まで生きるとしても現在80歳だとしたら、そこから総資産を年4%複利で20年まわして約2倍にしたところで、ちょうど命も尽きてしまってそれでは何の意味もありませんから、命(運用可能年数)と、どのように運用するかを両方鑑みて、最善の方法を探る必要がありそうです。



筆者の赤裸々運用!?実績。


・CDを作ってツアーやって、と言う際には100万近くはどうしてもかかります。

もちろん、収入だって発生するわけですから、最初にCDを作る時点では総資産100万円が必要でも、ペイライン達成以降は総資産は増えていく訳です。(生活費などに使わないで貯めておけばの話。)

筆者で言うと、大学生(20歳前後)のときに100万円を貯めてCDを作って、頑張って売る。を、繰り返して少しずつ増やしてきたということでした。


前項で述べた通り、年1割複利で運用が可能とした場合20年間で2.36倍、現在30代後半でおよそ20年が経過したとすると筆者は元手を236万円以上にすることが出来ていれば、およそ年1割複利と同等の運用を達成できたことと同じと言えるでしょう。

およそ出来ています!やったね。)


ただ、筆者が大学生であった2000年代初頭の頃はまだしも、このご時世CD制作は投資案件としてほぼ破綻していますし(CDが売れない時代)、せっせと定期的にCDを作っても売れないのですから、そこには慎重にならざるを得ません。

だからと言って、頑張って僅かながらに増やしてきた現在の総資産をただ銀行口座に眠らせておくのはもったいない!

少しずつでも投資に回して、少しずつでも守り育てる、資産形成に目を向けることが大切だなと気が付いたのでした。


※もちろん、この話とは別に新しいアルバムも作りたいと思っていますよっ!!乞うご期待。(そもそも資産形成のために音楽をやっている訳ではなくて、音楽をやるために音楽をやっているので、曲や活動がまとまるごとに新作を作ると言うのはやめたりしないっす!!ただ、新作音源を作るにしても最低限制作費を回収できないとただの浪費なので、前述のとおりCDと言う形式を取るのかどうかについては、慎重に考えていきたいなと思っています。)



アベノミクスって!?


話は戻りまして!
つまり、アベノミクスって、筆者の立場から享受できるメリットはこれだった訳です。

企業がもうかって、給料は増えない......。
ってそんなネガティヴな話じゃなくてですね。

・企業が儲かる ⇒ 株価が上がる。
・NISAで非課税枠が設けられる ⇒ つまり投資して儲けてね!しかも、NISA枠でもうけた分からは税金も取らないからさっ!!ってお話。


だから。
主に中〜長期にわたる安定的な投資(あるいはそうでなくてもとにかく投資)をしないことには現在の状況においては割りを食うばかりです。

投資について考えもせずに「消費税が上がって、法人税は下がって、企業が儲かる!かと言って給料は上がらないし、オレたちは苦しくなる......安倍政権反対!!」と言っているのは愚の骨頂であります。
(安倍政権を支持する意見ではありません。ただ単に現状を鑑みて、ちゃんと市井の民に与えられている権利を認識しないのはもったいないよ。と言う意味です。)



・いろいろ調整、優遇。みんなで儲けようぜ!って話。

消費税が上がれば沢山お金を使う大企業からは確実に税金を徴収できるのですから、その分は少し法人税くらい下げてやろうかね。

その他にもいろいろ調整、優遇するので企業さん、もうけてくださいよ!
・で、市井の皆さまも正しく投資をしてちゃんと利益を享受してくださいね。

と、ようやくいち市民の立場からのアベノミクスの意味がわかったっすよ。NISA、つみたてNISA以外にもiDeCo(イデコ)‎個人型確定拠出年金ってのもあるので、ぜひ調べてみてください。



一杯おごってくれると言う方は、筆者の知識を惜しみなくお話しますぜ!!
2〜3人くらいで、ぼくひとりにおごるくらいなら一人1,000円くらいで済むんじゃないかな!?どこに投資するかとかはリスク0の話ではないから、基本的には何も言いませんし、銘柄を勧められるほどには詳しくないので、投資結果について責任も取れないですし何も言いませんが、ここまでで話した全体像についてはキチンと知っておくとおかないでは大幅に異なる将来を迎えることはほぼ間違いありません。ですから、何度も読んだり膨大に時間をかけて調べたりするのがめんどくさいと思ったなら、一人1,000円とかで数時間の飲み会で全体の概要をキチンと把握できる機会を得られるとしたら、それはとても価値があるものだと思います。

ようするに、オレにただ酒を飲ませてくれ!!と言っています(笑)



以下、まとめ!!

と、「振り返り目次」




まとめ 〜 ジャズギターなどの訓練においても「複利的な考え方」が大切 。


ジャズギターなどの訓練においても「複利って大切」なんです。訓練して手に入る能力と言うのは単純に数値化は出来ませんから純粋な意味で「複利」って訳にはいきませんが、「複利的な考え方」がとても重要。

・「○○」と言う知識や技能を手に入れるために何らかの訓練を行って、

・「○○」を手に入れたらおしまい。

と言うことではいけません。


・出来る限りに細かく小さくでも知識や技能を手に入れ続けること。

・そしてそれを長期間自分の中で途切れなく運用(熟成)させることが重要。

と言うことです。


もし何らかのビジネススキル、例えば何かの資格であれば、その運用とはその資格を使って仕事をして稼ぐことと言えるでしょう。ビジネスとは関係ない能力の例として英会話能力を挙げるとして(もちろんビジネスにも使えるとは思いますが)その運用とはただ英語圏の人たちとお話が出来ると言うことですから、楽しく目に見える形で能力の運用をイメージすることが可能です。

しかし「ジャズギターの能力」についてはそもそも身に着けることがとても難しい上に、ものすごく限られた条件下でしか運用が出来ませんから、能力の運用をイメージしにくい。だから、どうにも複利的にやろうと言うよりは、ただただ「○○」と言う知識や技能を手に入れるための「How to」を欲することに終始しがちですが、そうではない。

さまざまな知識や技能を細かく小さくでも手に入れ続けて、少しずつでも途切れなく運用し続ける(自宅で日々練習するでも、セッションへ行くでも、ライブをやるでも、レコーディングするでも)ことが大切です。

筆者ももう長いこと15〜16年間にわたって、神楽坂でギター教室をやっていますが、「○○」を習得するために、「○○」のみのための「How to」が存在していると思っていて、「(手っ取り早く)○○のためのHow to」を教えてくれ!!と様々をすっ飛ばした要望をいただく方(生徒さん)が一定数以上いるなとずっと感じています。



・例えば。

・先生!積分を教えてくださいっ!!
・ですが、足し算を理解できない人が積分を理解できるはずがないでしょう。
・それに、もし積分を理解したとしても、積分をどのように運用することが可能かまでを含めて理解しないことには、そもそも積分を理解する意味がない。

「意味が無いのに時間と費用を掛けてまで知りたい。」ってことは無いと思うので、つまり、積分(ジャズギターについての何らか)を知りたい目的(運用目的)があやふやなままではいけませんから、その部分についてを明確にすることや、運用方法などなど、最終的なゴール地点、何らかの運用実績を得るためには「様々な理解が複合的に達成されていないといけない」ことがわかると思います。「(手っ取り早く)○○のためのHow to」を教えてくれ!!はしようがないことがお分かりいただけるかと思います。


即興演奏の能力値と言うものは気が付いたときには「何故そのような特別な価値のある音楽を即興で生み出せているのか」が外部からは到底わからないくらいに跳ね上がっているような性質をもつものです。

ただ、少なくとも本人の中では単なる、足し算的な積み上げじゃない、複雑に小さな掛け算が積みあがった、さながら複利計算的にジワジワと高めていったものであることは自覚されるものであるとも思います。



・お金、資産に置き換えても同じようなことが言えるのではないでしょうか。

主に普段目にしがちなのは「気が付いたら借金が膨大に膨れ上がっていた」的なものですが、その逆の立場、今回取り上げている「長期安定的に小さな複利を回していく投資」と言うものは長い年月をかけて熟成していく即興演奏表現の訓練においても同様であると思います。

また、お金とは異なる点としては、即興演奏表現の訓練については一度に大量の何らかを注ぐ(投資する)ことは出来ませんから、毎日毎日少しずつ投資(インプットに掛ける労力、時間)し、それを長期間にわたる運用(訓練)を継続していくことでしか目的地点まで到達することが出来ないことがお分かりいただけるかとも思います。

またこの積み上がりの中で複合的な理解が化学反応を起こしていくことでしかブレイクスルー(巨額に達する)があり得ない点も「複利的な感覚」と言えそうです。


一発大勝負の大ギャンブルでは身につかないのが「即興演奏表現の訓練」です。
(もちろん上記の意味での化学反応を起こすための最後の一要素が足りていなかった。そして、それを得るためにはちょっとしたギャンブルが必要だ。と言う状況は長く続けていく中では起こることだとも思います。)

言語習得などについても同様のことが言えるでしょう。



・複利的にはなりえず、単利の積み上げにしかなりえないケース。

仮に筋トレを挙げてみましょう。

コレは単純に言って、トレーニングで負荷をかけてぶっ壊した筋肉量と、体内に入れたたんぱく質量で決まる訳です。

だから、筋肉がたくさんついている方が筋肉がつきやすいってことはありませんし、筋肉は日々エネルギーに変換されて消費されますから、とにかく日々ぶっ壊し ⇒ 再生産された筋肉量が上回り続けることでしか、筋肉はついていきません。

もし仮に、筋肉をつけることを目的としたならば、筋トレはさながら単利の積み上げ(かつ日々生活費的に消費される)世界と言えるでしょう。

頑張って、たくさんぶっ壊して、たくさんたんぱく質を取って、たくさん再生産してください!!



・その他の例についても考察。

お料理を勉強することについて考えるとします。

例えば「あるメニュー」を作ることが出来る数を増やしていく、そしていつしか「メニューA」「B」「C」......を作ることが出来るようになりました。

それらが複合的に関係しあっていなければ、単に「メニューA」「B」「C」......を作ることが出来る人になりました。と言うだけのこと。

あるいは、「お料理 = 旨いものを作る!」と言う風に捉えることが出来ている人は複数のメニューを作ることが出来るようになったという積み上げが、化学反応を起こして「メニューα」や「β」を作ることだって可能となるはずです。


何ごとも、得た何かを複利的に運用するための視点、思考、思想が重要なのだと思います。



・人生100年時代と言われています。

もし仮に、いまアナタが50歳であってもまだ半分の50年あるのですから、ゆっくりじっくり「複利計算的に」ジャズギターの能力開発、ジャズギターにおける資産形成に取り組んでみてはいかがでしょうか?

もちろん、アナタがさらに運用可能期間を長く持てる20代、30代、40代であれば、なおさらのこと。

一度身についた「ジャズギター能力」は基本的に生涯失われることはありません。






本記事がアナタの(ジャズ)ギターライフにお役立ち出来ましたら何より幸いです。
【ジャズギター・トピック】第28弾以上!


長文、お読みいただきありがとうございました。
次回もご期待ください。

※毎週土曜日更新予定。
※次回第29回は2019/12/14(土)更新予定。

===== ===== ===== ===== ====
※【ジャズギター・トピック】で取り上げて欲しい内容があれば、
・ブログのコメント欄
・メール(ホームページに記載。)
・各種SNSのメッセージ機能etc...
から、お気軽にお寄せください^^
===== ===== ===== ===== ====


※リーダーバンド y Rothko / 新ライブ動画5本アップしました!
 ぜひご覧くださいm(_ _)m

 
 
・自分のギターソロ部分を抜粋してみた動画シリーズ。

 
 
 
著者:
ジャズギタリスト/作曲家
タナカ裕一[official web site]

 
・ライブ情報(本ブログ内):【Schedule】

 
↓↓↓【ジャズギター・トピック】※毎週土曜日更新予定。

[togetterまとめ。]
 
 
===== ===== ===== ===== =====
↓↓↓飯田橋/神楽坂/江戸川橋(東京)エリアにて
ギター教室やってます!
 
2019/11月 ホームページリニューアルしました!!
いま風デザインで見やすくなりました。


◎WEBリニューアル記念!「体験レッスン無料」キャンペーン!
(2019年12月31日(火)までにお申し込みの方限定!)

 
New Web Site
飯田橋/神楽坂/江戸川橋 | 田中裕一ギター教室(東京 新宿区) [Since 2004]
IMG_5531 ←Click!!

※「体験レッスン無料キャンペーン」随時行っております。
※『学割』『女性割』 『平日昼間割』やってます。
※60分・月2回/¥7,000
※月謝制でない「回数券コース」もございます。
※「Skypeレッスン」も承ります。

お申し込み・お問い合わせ。

LINEからお申込み、お問い合わせ

===== ===== ===== ===== =====
 
 --